Peach Candy Planets ?

スパンキングのお仕置きをされること、またはすること、を望んでしまう女の子のためのサークルです。

一言で『スパンキングマニア』と いっても、趣味嗜好は十人十色。
「こんなのわたしだけ?」「Mじゃないと思うんだけど、お仕置きされたい!」「SMが好きで、お尻を叩かれるのが 一番好き」「どうしてわたしお仕置きされたいのかな?」「パートナーとの話を聞いてほし~い!」
同じ性癖じゃなければ話せない悩みやノロケなどな ど、スパンキングをテーマとしたガールズトークを通じて『スパンキングマニアである自分』を探っていく…というのがこのサークルの趣旨です。

入会条件は『性別が女性であること・スパンキングマニアであること・他人を尊重できる人であること』の3つだけです。
スパンキングが好き!という共通点があれば、年齢は問いません。スパンキーでもスパンカーでもかまいません。
所在地は大阪ですが、どの地域からの参加でも大歓迎!

『Peach Candy Planets』というネーミングは「キュートなオシリの魅力的な女の子がいっぱい集まってくれたらいいな」という願いを込めました。

スパンキングLOVE!な自分を愛しましょう♪

 

 

ガールズオンリーなワケ

このサークルをなぜ『女性だけの』サークルにしたか。。。のお話。

ひとことで言うと「女性だけのサークルがなかったから」。
男性も入り交じってのサークルやオフ会なんかは割とあるものの、わたし自身、女子だけでスパンキング・ガールズトークをする機会もあんまりないので、そういう のをしたかったんです。
わいわいきゃーきゃーなスパトークをしてみたかったんです!!(力強)

そして、一番の希望が「いろんな年 代の女性と知り合いたいな」ということ。
仲良しスパ仲間だけでお喋りも楽しいけど、いろいろ経験してきた年上の女性の話、普段知り合わないような 年下の女の子の話、パートナーがいるヒトの話、いないヒトの話、あの子のこんな主張、この子のこんなノロケ…
スパンキングという共通点で、いろん な人と知り合える機会が欲しい!と思ったのです。

スパンキングサークルなんだから、男女ともいっぱいいた方がいいんじゃない?
ス パンキングマニアの男性との出会いは望めないの?
そもそもここって、出会いを求めて来ちゃダメなの?

いいえ。いいえ。

主 宰のわたしだって、ステキマニア男子がいたら出会いたいさ!といつも思っております。
でも、個人的に募集して、個人的に会って、その人のことを理 解して、それから… ていう過程を考えると、なんだか気が遠~…くなってしまうのです。

そこで考えました。

男女の出会いって『友達の紹介』っていうのが多くないですか?
だから、スパンキング関係の出会いもそうなればいいんじゃないの?
特殊な趣味だと思う からなかなか出会えないのであって、周りの友達が同じ趣味だったら、当然出会いも多くなるんじゃないの?
合コンとかも企画できちゃうんじゃないの?

紹介にしろ合コンにしろ、普段の女友達との付き合いのように、そういうことが自然にできるようなスパンキング友達が欲しい!と思ったのです。

ただわたしはこのサークルを『パートナーを紹介し合うだけの場所』にはしたくない。と考えています。

『スパンキングという性癖を持つ女性が、何かを発信できる場所』でありたいと思っています。

 

 

主宰:Natsuについて

ガールズスパンキングサークル『Peach candy planets』の主宰・Natsuです。
大阪在住、30代半ばのスパンキング星人です。

スパンキング星人てなに??というかんじですが、自分のことをカテゴリ分けしようとしたときにいい言葉が思いつかなかったもので。

では、そのスパンキング星人の内訳を少し詳しく説明してみましょう。
基本はスパンキー。お仕置き、躾けとしてオシリを叩かれるのがスキ。
こうなってしまったきっかけはナシ。なので、密かにDNAに組み込まれた先天性のものではないか!?と思っています。
その反面、スパンカーでもあり。お仕置き、躾けとしてオシリを叩くのがスキ。

こういう「どっちもスキ」みたいなヒトを、スイッチなんて言い方をしたりもするみたいですが、わたしはスイッチというよりも『スパンキングをすることもあるスパンキー』かな?と思っています。
誰かを躾けるためにお尻を叩くことは、とても楽しいし充実したりもするのですが、充実したお仕置きをしたときほど相手のことを「いいなぁ」と思ってしまうので、結局わたしはスパンキーであるのだろう。と思ってます。

「叩かれるのが好き!」と言い切ってますが、痛いものは痛い。
できればそれ程痛い思いをしないでも満足できればいいなあ、などとも思います。
痛みには、そんなに強くないです。
でも、ワケわかんなくなるほど叩かれるのもまた良し!と思うときもあり…

今まで結構長い間考えてきましたが、自分に一番しっくりくるのは『ヘタレスパンキー』ということになってます。
今のところ。